カンボジアなど、途上国の子どもたちに質の高い教育を届けたい!コネクター・ジャパンが、国際NGO団体CIESF(シーセフ)の法人サポーターとしての活動を開始

NEWS

CIESFは、SDGsの目標の1つ「質の高い教育をみんなに」の実現に向けて精力的に活動を行なっている国際NGO団体です。教育を中心とした本質的な支援活動、高度人材育成を目的に、CIESFは2008年に一般財団法人カンボジア国際教育支援基金として設立されました。


LINE株式会社のTechnology PartnerとしてITソリューション事業を手がける株式会社コネクター・ジャパン(東京オフィス:東京都千代田区、代表取締役社長:中濱康広)は、2022年3月9日(水)、カンボジアをはじめとした開発途上国で教育支援を行っている公益財団法人CIESF(シーセフ)の法人サポーター(ブロンズ)となりましたことをご報告いたします。

▼ コネクター・ジャパン公式サイト|CIESF(シーセフ)支援に関する代表インタビュー:https://cnctor.jp/global/csr/

▼ CIESF(シーセフ)公式サイト:https://www.ciesf.org/

■CIESFへの支援を始めたきっかけ

コネクター・ジャパンが追求するビジョンは、「日本をつなぐ、世界とつながる」。人々が出会い、つながる場所の価値を重視し、宿泊施設・飲食店・美容サロン・旅行・体験・交通などリアルな現場でのIT活用の促進をサポートしています。

創業当初より心に誓っていたのが、売上や従業員数などの事業拡大にとどまらず、社会に貢献すること。人類が安定してこの世界で暮らし続けられるようSDGsの達成が叫ばれている昨今、世の中のためになることをやっていきたいという思いを強めていた時に出会ったのがCIESFの大久保理事長でした。大久保理事長とのお話の中でビジョンや教育などに対する考え方に共感したことがきっかけとなりました。

■「モノ」の提供ではなく、国を支える礎となる「人材」の育成という理念

「モノの支援」ではなく、今後国が自立するために「人を育てる支援」を目指すというCIESFの理念に、コネクター・ジャパンは強く賛同。途上国の子どもたちがきちんとした基礎教育を受け、自国に貢献できるような人材へと成長してもらう一助になればと、法人としてサポートを行なうことを決意しました。

コネクター・ジャパンは、ベトナムにてグループ会社「THE FIRST ONE(ザ・ファースト・ワン)社」を立ち上げるなど、東南アジアとは浅からぬ縁を結んでいます。現在は、CIESFに対する支援は金銭面にとどまっていますが、将来的には日本やベトナムから社員の派遣も予定。カンボジアを訪問し現地で活動をすることで、ミッションである「人と人とのつながり」をより一層大事にしてまいりたいと考えています。

【株式会社コネクター・ジャパンについて】
所在地:
<東京オフィス>
〒101-0031 東京都千代田区東神田1-15-9 セントピア東神田ビル 4F
<大阪オフィス>
〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中3-6-3 T4 BLDG.OSAKA 901
代表者:代表取締役社長 中濱康広
設立:2013年12月
電話番号:
<東京オフィス>03-5244-9566
<大阪オフィス>050-5809-6333
URL:https://cnctor.jp/
事業内容:
1.インターネット・システム事業
2.マーケティング事業
3.コンサルティング事業

【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:株式会社コネクター・ジャパン
担当者名:吉川
TEL:03-5244-9566
Email: info@cnctor.jp

関連記事