フロント業務の軽減と効率化を実現!宿泊施設向けDX支援サービス「三密代官」がiPadやAndroidのタブレットに対応

NEWS

ホテルや宿泊施設のルームサービスや館内施設の予約といった基本機能を、国内で約8,900万人が利用(2021年6月現在)するLINEだけでなくiPadやAndroidのタブレット端末でも利用可能に。コロナ禍において不特定多数の接触機会を避けながら一層のサービス拡充が実現できるだけでなく、「IT導入補助金2021」対象のITツールとして導入事業者は「三密代官」の運用にかかる費用の一部が交付されます。


LINE株式会社のTechnology PartnerとしてITソリューション事業を手がける株式会社コネクター・ジャパン(東京オフィス:東京都千代田区、代表取締役社長:中濱康広)は、宿泊予約システム「予約番」を提供する株式会社キャディッシュ(本社:岐阜県高山市、代表取締役社長:千垣内順)と共同で開発した宿泊施設向けDX支援サービス「三密代官」に、LINEだけでなくiPadなどのタブレット端末でも活用できる機能強化を実施しました。

▼ 「HOTEL DX 三密代官®」公式ウェブサイト:https://3daikan.com/hotel/

■LINE上のみでの仕様に限られた基本的な機能が、客室内に設置されたiPadやAndroidから利用可能に

ホテルや宿泊施設の利用ユーザーは、国内約8,900万人が利用(2021年6月現在)するLINEまたは客室内のタブレット端末などからリアルタイムの混雑状況を確認しながらルームサービスや館内施設の予約などができるようになりました。
「三密代官」は、新型コロナウイルスと共生・共存しながら一層のサービス拡充と顧客満足度のアップを実現したいホテルや宿泊施設の課題を解消するツールとして、次のようなメリットを提供します。

1.コロナ禍において3つの密(密閉・密集・密接)を避けながら、利用するお客様に安心・安全なサービスを提供
国内で約8,900万人が利用(2021年6月現在)するLINEとiPadなどのタブレット端末からホテルや宿泊施設の混雑状況をリアルタイムで可視化し、ルームサービスや館内施設の予約などができるため、お客様に安心・安全なサービス提供していることをアピールできます。

2.紙を節約できるだけではなく、接触機会を低減し感染リスクを回避する「インフォメーションブック機能」
インフォメーションブックのペーパーレス化によって、お客様や従業員による不特定多数の接触機会を減らします。

3.「IT導入補助金2021」対象のITツールとして、導入する事業者は最大450万円の補助金*が交付されます
「三密代官」は、独立行政法人中小企業基盤整備機構が採択事業として経済産業省とともに監督する「IT導入補助金2021」の認定ツールとして、導入する企業・事業者は最大450万円の補助金*が受け取れます。

*最大450万円の補助:IT導入補助金の交付には、既定の審査と費用の上限があります。
「IT導入補助金2021」公式ウェブサイト:https://www.it-hojo.jp/

■宿泊施設様の課題の解消を全面的にサポートし、顧客満足度の高いサービス拡充を実現

iPhoneやAndroidなどのスマートフォンを持っていない方や活用に慣れていない宿泊者様への対応もできるようにしたい、スマートフォンよりも大きい画面でサービスを使っていただきたいなどの宿泊施設様の要望により、iPadやAndroidのタブレットに対応可能に。
お客様に安心・快適を提供するとともに、宿泊施設様の生産性の向上と省力化にも貢献します。

​【株式会社コネクター・ジャパンについて】
所在地:
<東京オフィス>
〒101-0031 東京都千代田区東神田1-15-9 セントピア東神田ビル 4F
<大阪オフィス>
〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中3-6-3 T4 BLDG.OSAKA 901
代表者:
代表取締役社長 中濱康広
設立:
2013年12月
電話番号:
<東京オフィス>
03-5244-9566
<大阪オフィス>
050-5809-6333
URL:
https://cnctor.jp/
事業内容:
1.インターネット・システム事業
2.マーケティング事業
3.コンサルティング事業

【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:株式会社コネクター・ジャパン
TEL:03-5244-9566
Email: info@cnctor.jp

関連記事