コロナワクチン予約枠の空きが一目瞭然!自治体向け「LINEワクチン接種予約システム」に予約枠一覧表示機能が新搭載、ワクチンの在庫管理も容易に

NEWS

LINE認定の「Technology Partner」として培った経験と実績がコロナ禍に苦しむ社会の役に立てばと、「自治体向けLINEワクチン接種予約システム」を2021年3月にリリース。今回新たに、「空枠」「満員」「超過」「受付停止」をわかりやすく色別でも表示し、予約状況を瞬時に把握することが可能となる機能をリリースしました。


LINE公式アカウント正規代理店としてITソリューション事業などを手がけている株式会社コネクター・ジャパン(東京オフィス:東京都千代田区、代表取締役社長:中濱康広)は2021年6月25日(金)、独自開発した、新型コロナウイルスのワクチン接種に特化した「自治体向けLINEワクチン接種予約システム」に、予約枠の一覧表示機能を追加いたしました。担当者を悩ませる、ワクチン在庫のコントロールという問題点も解決する新機能です。

▼ LINEワクチン予約システム特設ページ:
https://vaccine.cnctor.jp/

▼ 「自治体向けLINEワクチン接種予約システム」説明資料:
https://cnctor.jp/production/vaccine/proposal_cnctor.pdf

■累計2,000施設以上で導入されている開発技術を活かし、コロナ禍の今に役立つシステムを

コネクター・ジャパンは、LINE公式アカウントを中心軸としたAPI関連サービスと連携し、開発サービスを提供する「Technology Partner」としてLINEより認定。旅館・ホテルの3密対策システム「三密代官」や、店舗向けの自動予約・注文管理システム「リピッテ」を手がけ、累計2,000以上の施設で導入されています。

豊富な経験と実績がコロナ禍に苦しむ社会の役に立てばと、「自治体向けLINEワクチン接種予約システム」を3月にリリース。住民は使い慣れたLINEから接種予約ができ、自治体や接種会場は受付状況のリアルタイムな把握や接種情報の登録・管理を円滑に行えるとあって、全国各地で採用されているシステムです。

■「空枠」「満員」「超過」「受付停止」を色別に表示、予約状況を瞬時に把握

ワクチン接種をよりスムーズに進められるよう、4月には、OCR(光学文字認識)を活用し、接種券番号の入力が不要となるオプションを追加するなどサポート体制を強化。今回は、自治体のワクチン担当者が、どの時間にどの程度予約が入っているのか瞬時に確認できるように、予約枠を一覧できる機能を新たに搭載しました。

今までは、予約状況を確認するにはタイムテーブルの予約枠をマウスオーバーする必要がありましたが、このたびの新機能リリースにより大幅な改善を実現。15分単位での「空枠」「満員」「超過」「受付停止」といった最新状態が一目でわかるようになりました。また、課題となっていたワクチンの在庫管理面でも効果を発揮。接種にまつわる混乱を未然に防ぎ、市民の健康のために身を粉にして業務に励むスタッフの皆さんの負担を大幅に軽減する新機能です。

【株式会社コネクター・ジャパンについて】

東京オフィス:〒101-0031 東京都千代田区東神田1-15-9 セントピア東神田ビル4F
代表者:代表取締役社長 中濱康広
設立:2013年12月
電話番号:03-5244-9566(代表)
URL:https://cnctor.jp/
事業内容:ITを活用したホテルマーケティング事業、アウトソーシング事業、プロダクト(ソリューション)開発事業ほか

【一般の方向けのお問い合わせ先】

株式会社コネクター・ジャパン 担当:三村
メール:info@cnctor.jp
問合せフォーム:https://cnctor.jp/contact/
電話:080-4743-4824

関連記事