宿泊業界のDXを支援するコネクター・ジャパンが、LINE公式アカウントを活用したルームサービスのオンライン化ツールを公式リリース

NEWS

2021年4月25日(日)の緊急事態宣言の再発出により、酒類を取り扱う4都府県の飲食店に対して、休業要請が出されました。それに伴い、宿泊施設内のレストランやバーなどの営業も厳しくなりました。

宿泊者に旅の思い出を作ってほしい、快適な宿泊期間を過ごしてほしいと考え、LINE公式アカウントを活用し、ルームサービスをオンライン化するツールを公式リリースします。紙のメニューに比べて運用コストが低く、LINEの友達数も増やせるため、マーケティング施策にもご活用いただけます。


ホテルや旅館などの宿泊施設向けにDX支援を行う株式会社コネクター・ジャパン(東京都千代田区)は、宿泊施設向けにLINEを活用した、ルームサービスのオンライン化ツールの開発を行っています。

この度、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、緊急事態宣言の再発出に合わせて、LINEを活用したルームサービスツールを、2021年4月28日(水)から提供開始いたします。

2021年4月25日(日)に発出された、東京、大阪、兵庫、京都への緊急事態宣言を受け、期間中は4都府県のホテル・レストランにおける酒類の提供も終日停止になります。ホテルに併設されているレストランやバーでサービスの提供が制限される中、通常時と変わらない宿泊者へのサービス提供を実現します。

LINE内でルームサービスのオーダーが完結

■ 安全なお部屋内でのルームサービスで、食事や酒類の提供が可能に

今回の緊急事態宣言の地域内では、酒類の提供が終日停止になっています。よって、宿泊施設内に併設しているレストランやバーでの酒類の提供もできません。

公共の場での飲食が制限されるため、お部屋内での飲食に視点を向けました。宿泊者は、お部屋の中客室内から、他のお客様と接触せずに、LINEを活用して料理やアルコールなどのドリンクの注文を行うことが可能となります。

■ LINE公式アカウントを活用して、宿泊者からの注文を受ける

宿泊者自身のLINEアプリから注文ができることが、大きなメリットです。国内に8,400万人の利用者がいるLINEを使用することで、利用者はアプリを新たにインストールする必要はありません。QRコードの読み取りだけで利用できるため、施設はタブレットなどハードウェアを購入する必要がなく、導入コストを最小限に抑えることができます。

また、施設のLINE公式アカウントを活用するため、お得情報の配信やリピーター育成にも活用できます。具体的なLINE公式アカウント運用に関しては、担当者までお問い合わせください。

■ 管理画面上で、注文の確認やメニュー設定ができる

施設ごとに管理画面を発行し、お部屋ごとの注文の確認やメニュー設定が簡単に行えます。施設の担当者さまでも簡単にメニュー変更でき、紙のメニューより効率的に運用可能です。会計はチェックアウト時に行うため、通常のルームサービスと変わらない流れでご利用いただけます。

【料金】
お見積りは弊社担当までご連絡ください。
担当名:三村 孝昭
TEL:03-5244-9566
Email: info@cnctor.jp

商標について
「LINE」は、LINE株式会社の商標または登録商標です。

【株式会社コネクター・ジャパンについて】
所在地:
<東京オフィス>〒101-0031 東京都千代田区東神田1-15-9 セントピア東神田ビル 4F
<大阪オフィス>〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中3-6-3 T4 BLDG.OSAKA 901
代表者:代表取締役 中濱康広
設立:2013年12月
電話番号:
<東京オフィス>03-5244-9566
<大阪オフィス>050-5809-6333
URL:https://cnctor.jp/
事業内容:
1.インターネット・システム事業
2.マーケティング事業
3.コンサルティング事業

関連記事