よしおか

リピッテ事業部

Q1.入社のきっかけを教えてください。


コネクター・ジャパンに入社する前は、アパレル業界で販売員をしていました。3年間勤めていたんですけど、働いていたブランドでは、なかなか役職が上がっていきにくい環境もあり、3年目に入ったころに新店舗へ行きました。そこで「店長か、もう一つ上のマネジャーに上がるか」って話がありまして、店長になるか転職するか悩みましたが、上に行く気持ちがなくなってしまって。退社し、その後半年くらいは友達のお父さんがやっている現場仕事を手伝いながら好きなことに挑んでいました。コネクター・ジャパンは、ディレクターのひらまつさんに紹介してもらいました。彼とは、高校生時代の友達でした。ひらまつさんは、私がアパレルを辞め、現場をやってることを知っていて、「業界は違うけどITをやっているので良かったらおいで」と誘ってもらったことが入社のきっかけです。

Q2.現在の仕事内容をお聞かせください。


今はリピッテの全般業務を担っています。基本的に宿泊施設様がプラン販売できるようにサポートすることや、お客様の依頼に対応したり、また新規のシステム・機能の開発を提案しています。営業サポートといっちゃうと大きいんですけど、さまざまなことを担当していますね。その仕事の中で、今一番大きなタスクは「仕組み化」です。私がこれまで行っていた業務をアルバイトのメンバーや、新しく入社してくるメンバーにも担当してもらえるように、マニュアルを作成することをはじめ、送付するメールのテンプレートなどをしっかりまとめています。それを見て誰でも同じクオリティの業務ができるように意識して、仕組み化を行っています。

Web

Q3.入社してみて、コネクター・ジャパンはどんな会社だと考えますか。


大阪オフィスは歳が近いので仲が良くて、働きやすい環境ですね。
コネクター・ジャパンは、事業としてもさまざまなことに取り組んでいて、すごいなと思っています。事業部一つ一つの人数は少ないのにマネージャーがいてチームを管理していることが特殊だなと。なかはまさん、くろいさん、いとうさんのようなマネジメントを担当している方々は、個性があって実力者ばかりの方々ですが、それでもみんなと話す機会があるので、学ぶきっかけが多くて成長できる会社だと感じています。

Q4.今後、どのような仕事に挑戦したいですか。


今後の目標は、リピッテの事業部でカスタマーサクセスとして顧客化やリピーター促進の専門、プロとして活躍していくことです。

+ONE
何事もひとつ上を目指して

言われたことに対して「それ以上のことをする」とか、「それでも良いよ」っていう基準点があるとすれば「それ以上を目指す」という心意気でいます。シンプルにひとつ上を目指していくということです。例えば、「これやっといて」と言われた時に「やりました!」、「良かった、ありがとう!」みたいな感じではなくて。「やっといて」って言われて、「やりました!」、「これまでやってくれたの?!」という風に、プラスアルファで気が回せる仕事の仕方を意識しています。