ささき

クラウド事業部
デザイナー

Q1.役職と入社の経緯を教えてください。


大学4年生の時、北海道のWeb制作会社でインターンとして働いており入社もほとんど決まっていたんですが、その会社では自分の力を上手く出すことができず、このままでいいのかと悩んでおりました。でも、デザイナーとして働くことをどうしても諦めることができず、周りが次々と就職先を決めていく中、大学を卒業する直前まで就職活動を続けていました。就職活動で利用していた、デザイナーを目指す学生に特化した就職マッチングサイトがあり、そこでの部長のあおやまさんに声をかけていただき、北海道からリモートでアルバイトを始めたことが入社のきっかけでした。そのサイトにはポートフォリオを作成し自分の作品やスキルをアピールできる機能があり、それが偶然あおやまさんの目にとまって現在に至るので、今思い返せば本当にあの時の自分は幸運だったと思います。

Q2.現在の仕事内容をお聞かせください。


社内制作や、お客様からご依頼いただいた制作のデザイン業務全般を担当しています。名刺、チラシ、ポスターなどの紙に印刷するデザインをするときもあればWebデザインもやるし、アプリのUIUXデザインを担当したこともあります。デザイナーといえば、Webデザイナー、グラフックデザイナーなど専門分野に特化してそれだけを制作するやり方もありますが、コネクター・ジャパンでは分野を問わず様々な制作を任せていただけるので、幅広い知識やスキルが身についたと思います。

Q3.デザイナーの魅力や、やりがいを教えてください。


もともとデザインのお仕事をすることが夢だったので、毎日の制作業務にとてもやりがいを感じていますが、やっぱり一番は自分がデザインしたものを見て、相手が喜んでくれたり、相手の課題を解決することができた瞬間です。「このデザイン、好評だよ!」という声をいただけると、とても嬉しくなります。

Web

Q4.入社してから、特に印象に残ったエピソードは何ですか。


お客様からの依頼でWebサイトのデザインを担当することがあったのですが、そのデザインをご提案したときにお客様がすごく気に入ってくださって、追加のデザインの受注をいただいたことがすごく嬉しかったです。以前までは社内制作物や自社プロジェクトのデザインを担当することがほとんどで、実際のお客様の反応は直接見たり、聞いたりすることができませんでした。そのため、依頼をしてくれたお客様と打ち合わせをする中で「生の反応」をいただけたことが本当に嬉しくて、強く印象に残っています。外部のお客様から依頼を受けてのデザインが増えてきたので、お互いに嬉しくなるデザインができるようにこれからも精進していきたいです。

Q5.今後、どのような仕事をしてみたいとお考えですか。


デザイナーの仕事以外を考えたことはないですね。ずっと続けていきたいと思っています。強いて言うとすれば、子供のころからずっとイラストを描くことが大好きで今も趣味で描き続けているので、イラストレーターとしてイラストを描き、描いた自分のイラストを使ってWebや印刷物のデザインを組めるようになれたらいいなと思います。

+MAKE
遊び心でみらいを創る

「遊び心」というのは、私のデザインするときの強い味方です。例えば、面白いアイディアをひらめくときや、人の心を動かすものをデザインするときには子供のような純粋な遊び心を持っていないと出来ないことだと思っています。どんなときでも素直にデザインすることを楽しみながら、いいものを創っていくということを忘れないようにしています。