ふじい

クラウド事業部
ITOグループ

Q1.役職と、入社の経緯を教えてください。


役職はクラウド事業部の開発部マネージャーです。コネクター・ジャパンに入社して4年目です。代表のなかはまさんの知り合いが2つ前の会社にいて、コネクター・ジャパンの1つ前の会社で転職しようと思っているとその人に相談したら、コネクター・ジャパンがあるよと紹介してくれました。その時エンジニアを募集していて、ちょうど私がエンジニアとして働きたいと思っていたので応募しました。2人採用されて、そのうちの1人が私です。

Q2.現在の仕事内容をお聞かせください。


システムがわからないがシステムを作りたい・作って欲しい人やシステムを作れるが何を作りたいかわからない人と、お客様の欲しいものを作らないといけないプログラマーやエンジニアとの橋渡しをしています。今の開発業務はほとんどベトナム側でやってます。Windowsアプリケーションが古いからクラウドサービスにしたい、といったリプレイス案件の時には調査や今どうなっているのかを調べたりしています。プログラマーとしての動きはしていないです。最初の2年はコードを書いていたんですが、NTQのエンジニアが増え始めたときからコードを書く時間が無くなったので、書かなくなりました。

Web

Q3.仕事のやりがいや、面白みを感じる部分はどこですか。


大変なときもあるけど楽しい時もあります。楽しい時は、システムを作って動かしたときにちゃんと自分が思っていた通りに動いた時です。例えば、ドミノってすごい時間をかかります。途中で失敗したらすごく残念だけど、最後まできれいに倒れたらすごく楽しいと思うのですが、この感覚に似ています。1ヶ月か2ヶ月かけて作っても、使うのは5分とか10分とか。途中で失敗すると最後まで進まないのと一緒なので、ドミノが最後まで倒れた時と似ています。

Q4.特に、どんなエピソードが印象に残っていますか。


良くも悪くも、初めての海外出張が良い経験でした。海外出張できる会社はそんなに多くないので。楽しかったけど慣れてないせいで寝れなくて大変でした。5分10分するとすぐ目が覚めてしまってました。何回か行くと慣れてきて眠れるようになりました。

Q5.今後、どのような仕事をしてみたいと考えていますか。


もともとはエンジニアとして自分でコードを書いていたので、仕事としてはプログラムを書いてシステムを作ってこともやりたいけど、やりたい事と仕事としてのやらなきゃいけない事というのはだいぶ変わってきましたね。

+ALPHA
仕上げに一手間

「+ALPHA(プラスアルファ)」は「おまけ」というニュアンスでよく使われるフレーズですが、例えば、100%にちょっとおまけして110%にしてもらえたとか、欲しいものを10個買ったんだけど1個おまけしてもらった。という風に、期待の1つ上をいく、相手が嬉しくなるようなサービスの提供の仕方をしていきたいです。